新しいオンラインサロン【Bubble研究室】をリリースします!!

皆さんこんにちは。NoCodeエンジニアのRyoです。
普段は現役高専生としてロボット工学を学びながら、NoCodeCampのBubbleエキスパートとして、受託開発やコーチング事業などを行っています。

本日は1月中旬からリリースする予定の新しいオンラインサロンについて説明していこうと思います。

2022年1月中旬よりスタートする新しいオンラインサロン【Bubble研究室】について

今回新しく作るBubble研究室とは今までの僕たちが運営してきたNoCode学生会とは違い全年齢を対象としたBubbleエンジニアのためのオンラインサロンです。
BubblerのBubblerによるBubblerのためのオンラインサロンを目指しています。

どんなことをやるのか?

今回作るオンラインサロンで実際どんなことをやるのかですが、今までにBubbleを取り扱っていた様々なオンラインサロンで需要はあったもののなかなかサービスとして出てこなかったものをメインとして提供しようと思っています。

例えばですがBubbleの中上級者にとって自分たちの技術の発展のために情報収集をしていると思いますが、その情報収集の場は日本語媒体のサイトよりも、海外のブログ記事だったりBubbleの公式ドキュメントもしくはフォーラムだったりすることが多いでしょう。しかしBubbleの公式フォーラムに関しては、毎日平均20記事以上の投稿がされているためBubbleの開発をしながらその情報のキャッチアップをしようと思うと非常に時間がかかってしまいます。

この問題に関しては僕もものすごく思うところがありました。この問題をどうにかして解決したいと思い、今回のオンラインサロンでは毎週日曜日に1週間のフォーラムの流れ、気になるトピックなどをまとめたウィークリーレポートを発信しようと思っています。

その他のサービスについて

今回のBubble研究室にて提供しようとしているサービスは次の通りです。

  • Bubble公式フォーラムのウィークリーレポート
  • 1週間に1度のプラグインりょうさんのプラグイン解説(動画にて提供)
  • 1週間に1度のBubbleの基礎講座(動画にて提供)
  • 今後プラグインりょうさんのブログにて発信する予定の有料記事の無料クーポン
  • 国内のBubblerに対して自由に質問ができる質問フォーラム
  • オンラインサロン内の活躍に応じて割引や特典が受けられるポイントシステム(今後アップデートにて導入予定)

この他にも、サービスというほどのものではありませんが

  • 欲しい機能やプラグイン、最近のアップデートについて議論できる月に1度の懇親会
  • Bubblerが効率よくステップアップしていくための、難易度別ロードマップの提供(現在作成中)
  • Bubbleプラグインにてバグが発生した際の問い合わせサポート
  • Bubbleプラグインの選び方サポート

なども特典に加える予定です。

現在、完全にBubbleに特化したオンラインサロンがなく、「Bubbleを使ってアプリを作りたい!」という人が増えている中、よりBubblerの情報収集や学習効率を高め、爆速で成長して自分の作りたいアプリを作れるように全力でサポートしていきます!!

公式フォーラムってどんな情報が載ってるの?

今回のBubble研究室の目玉ともなる、Bubble公式フォーラムですが、どんな情報が載っているの?という疑問が挙がると思います。

公式フォーラムに載っている情報を紹介します。

  • Bubbleのお悩み相談
  • Bubbleの便利なTips
  • プラグインのリリース発表
  • テンプレートのリリース発表

こんな感じのニュースが毎日投稿されています。

今後導入予定のポイントシステムってどんな?

今回のBubble研究室で導入予定のポイントシステムですが、どんなシステムになる予定なのかを少し発表しようと思います。

  • 入会時、月会費支払い時に一定のポイントを獲得
  • ポイントを使用して質問や、一部有料サービスの利用が可能
  • 講座の試聴や閲覧、質問への回答でポイントを獲得
  • 一定のポイント数を獲得で特典の付与や、月会費の割引

他にも多数の特典を導入予定ですが、ポイントを活用できる仕組みできる形にしていきます!

気になるお値段は?

Bubble研究室の気になるお値段ですが、月々3,000円を予定しています!

オンラインサロンでの活動によって、月会費が割引や無料になるような特典も多く導入しようとしております!
オンラインサロンとしては少々値段が高めになるかもしれませんが、Bubbleのスクールなどと比べて自主学習が必要ではあるものの、値段自体は非常に安くなっていると思います!

申し込みはどうしたらいいの?

Bubble研究室の申し込みですが、1月にBubble研究室のランディングページをリリース予定です!
そちらから入会の申込ができるようになりますので1月を楽しみにお待ちください

また、Bubble研究室以外にもマンツーマンでBubbleを学んで急成長したい!
という方向けにBubbleのマンツーマンコーチングも実施しておりますのでご興味があればぜひお申し込みください!!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Ryo

Bubbleエンジニア
NoCode学生会代表
NoCodeCamp Bubble公認エキスパート

目次